なすみの暮らしログ

私の一人暮らしの記録です

なすみの暮らしログ

卵巣嚢腫‐概要‐
卵巣嚢腫のはじまり
はじめの卵巣嚢腫
2回目の卵巣嚢腫

夏の日差し対策(掃き出し窓編)外の景色を遮らないようにするには・・・

 

f:id:nasumiblog:20210618140052j:plain

 

去年もおととしも眩しかったのですが、見て見ぬふりをしていました。

しかし、今年は見て見ぬふりをしてきた気になることを直したいのできちんと考えます。

梅雨の季節になって少し日差しが隠れ気味になっている間に対策しておきたい!

 

なるべくお金を掛けずに対策したいので、ここは100均一択。

見た目が不格好になるのは受け入れるしかないです。

いつか、いつか、お金に余裕がでたらすっきりさせようと思うのでその方法も考えておきます。

 

 

 

 

掃き出し窓の日差し対策

 

問題点

掃き出し窓は東向きなので朝はとっても日当たりが良いです。

ひさしがあるので窓の上半分は日陰になりますが、下半分には強烈な日が差し込みます。

それに現在使用中のレースのカーテンが短いのでその分も眩しさが増しているようです。

 

f:id:nasumiblog:20210617130018j:plain

 

そのせいで朝なのにカーテンを開けられません。

窓をあけて空気の入れ替えをしたいのにカーテンを閉めたままだと全然風が通らない。

あと、畳の日焼けも気になります。

 

改善案

ウインドオーニングをつけて日を遮り、風が通るようにする。

 

購入品

ダイソーで一番大きいウインドオーニングを購入しました。

180×180㎝、1枚入、500円です。

茶色と濃い緑のものもありましたが、見た目が暑苦しくないほうがいいと思って私は黄色を購入しました。

パッケージによるとどれもUVカット率は同じでした。

 

f:id:nasumiblog:20210617130049j:plain

 

購入したときは、本来の使い方(室内ではなく室外)で使用しようと思っていました。

ベランダに備え付けられている物干しざおを掛けるフックに結び付ける。

おもりなどはつけず、風が強いときは取り外せばいいかって。

しかし、常に天気予報をチェックするのはめんどうだし天候は急変することもある。

それに、はずしたものはどこにしまうんだ?

 

結果

こうなりました。

f:id:nasumiblog:20210617130113j:plain

 

ようは窓の下半分の日差しを遮ることができればいいので、これでいいかなと思います。

朝、カーテン越しでもまぶしいくらいだった日差しがしっかり遮られています。

 

f:id:nasumiblog:20210617130138j:plain

f:id:nasumiblog:20210617130211j:plain

f:id:nasumiblog:20210617130223j:plain

 

長さを調節して二つ折りにし、小さな安全ピンでとめています。

窓枠についているカーテンフックにひっかけるには微妙に長さが足りないのでビニール紐で調整。

 

f:id:nasumiblog:20210617130244j:plain

 

ベランダに出ることはほとんどないのでずっとこの状態でもかまいません。

でも、ずっとこのままだとちょっと圧迫感があります。

それに、太陽が動いて日が差さなくなればよりよく風が通るようにしたい。

そんなときには半分に折ることもできます。

 

f:id:nasumiblog:20210617130302j:plain

 

うん、よしとしましょう

はじめはベランダに設置しようと思ったのでウインドオーニングを購入しましたが結局室内で使うことにしたので、遮光性のある布でもよかったかなと思いました。

しかし、500円で180×180cmという大きさで遮光性のある布は買えません。

やっぱり100均はすごい!

 

見た目や取り扱いやすさを考えたらウインドオーニングよりも布ですけどね。

  

 

  

プランB(目隠しシート)

 

今回、私はなるべく安くすませるために100均のウインドオーニングにしましたが、もう少しお金をだせばもっとスマートな方法もあるかなと思います。

 

窓に貼る目隠しシート

まだ、日差しがそれほど強くなく、「ちょっと気になるな」くらいに感じていた時には窓の下半分に100均で売っている目隠しシートを貼ろうかと考えていました。

しかし、結局使用せず押入れにしまわれています・・・。

それは、目隠しシートにもいろいろ機能が付与されたものとそうでないものがあると後から気が付いたからです。

 

真夏の日差しを考えると、「UVカット」や「遮熱」の機能があるものがよいです。

 

接着剤ではなく水で窓に貼り付くのも、賃貸物件に住む私にとっては都合がよいです。

 

貼る作業は一人ではちょっと大変そうです。 

 

網戸に貼る目隠しシート

次は、窓を開けたときの日差し対策はどうするか。

今回、いろいろショッピングサイトを見て回り、網戸にも貼れる目隠しシートがあることを知りました。

 

これらを使用すると、私の部屋の現状よりもだいぶスッキリするなと想像します。

取り付ける手間はあるけれど、一度つけてしまえばあとはそれほどメンテナンスもなさそうだし。

 

最後に

 

見た目は不格好ですが、しっかり朝の日差しを遮ってくれています。

カーテンを開け、窓を開け、空気の入れ替えもできるので個人的には満足しています。

他人に見られたら恥ずかしいですが、特に来客の予定もないので問題ありません。

 

気になっていたことを一つ解決できてよかった!

 

腰高窓の日差し対策もほぼ同じなので続けて書こうと思ったのですが、掃き出し窓編が思ったより長くなってしまったので次に続きます。

 

 

 楽天ルームもみてね😄

 楽天ルームやってます♪

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

 

☝Click!