なすみの暮らしログ

私の一人暮らしの記録です

なすみの暮らしログ

卵巣嚢腫‐概要‐
卵巣嚢腫のはじまり
はじめの卵巣嚢腫
2回目の卵巣嚢腫

開腹術後の傷について まとめ①

f:id:nasumiblog:20210104183232j:plain

 

この記事はほとんどの部分を以前の記事から抜粋しています。

時系列にあうように並べ替えています。

 

入院前の訴え

傷が残るのがイヤだ

私は手術をした病院の初回受診のときに「とにかく傷が残るのがいやです」と訴えました。

「傷の残りにくい縫合をするから大丈夫ですよ」と言われましたが不安は残りました。先生は考えておくねと言ってくれました。

傷の対処に関しては知識ゼロですべて先生にお任せ状態でした。

傷のことはすごく気になるけれどすでに精神的に手一杯だったので頼れるものはもうお任せしようと思っていたからです。

 

縦切りか横切りか

初回受診時に縦に切ると言われたので横ではできないのか聞きました。

横ならパンツで隠せます。

しかし腹部の筋肉は縦に走っているため横切りだと開きにくいそうです。

私の場合は腫瘍が大きいため無理にとりだそうとすればお腹のなかで破裂する可能性もあるので安全に取り出すために縦切りでおこなうと説明されました。

 

手術~術直後の様子

手術の時 

先生も切るのはなるべく最小限にしたそうで私の手術で一番大変だったのは最小限の切開部から大きな腫瘍を破裂させないように取り出すところだったそうです。

私の手術で「一番長く時間がかかったところがそこだった」と言っていました。

 

術後

術後から創部は分厚いガーゼでおおわれたままになっていましたがそのガーゼが外されました。

特に消毒もなくてガーゼをはがして観察して終わりでした。

創部は乾燥しており発赤や膿もありません。

トラブルなく、経過良好です。

 

創部にはステリストリップをいう半透明のテープが貼ってある状態なので直接見ることはできません。

1cm幅のテープを3cmくらいに切り、傷をまたぐようにはりつけてあります。

隙間のないよう傷の上から下まで十数枚貼られています。

そのテープごしに創部にうっすらと乾燥した血液がところどころ付着しているのが見えます。

濡れてもいいのでシャワーもそのまま浴びますしボディーソープで洗っても大丈夫です。

 

傷はへその下から縦に12cmあります。

埋没法で縫っており糸は自然に溶けるので抜糸はしないそうです。

 

f:id:nasumiblog:20200706000634p:plain

 

退院1か月間の傷の様子など

傷のこと

傷の経過は良好で特に問題ありませんでした。

つまり、痛みはありましたが改善傾向でしたし出血や浸出液もなし、傷が腫れたり発赤したりすることもありませんでした。

病院からは傷の観察をするようにとは言われませんでしたが私はシャワーを浴びる前にいつも傷を観察しました。

 傷なんてこわいし気持ち悪いから見たくないという人もいるかもしれません。

入院していればなんかおかしいと思えばすぐに医師やナースがみてくれます。

しかし退院したら自分しか見る人はいません。

変だと気が付けるのも自分だけです。

昨日と今日の状態を比較して悪くなっていなければ大丈夫です。

簡単なことなので気が付いたら悪くなっていたということを避けるためにも観察は必要だと思います。

 

生活のこと

おなかを締め付ける服装はせずワンピースにデカパンまたはゆるゆるパンツをはいて過ごしました。

 

退院1か月後の受診まではシャワーのみでした。

受診して診察後に入浴の許可が出る予定になっていました。

夏だったので湯船につかりたいという気持ちはあまりなくシャワーのみでも不便を感じることはありませんでした。

 

退院1か月後の診察直前の様子 

傷のテープは全然はがれない

退院をするときには傷にステリストリップというテープが貼られている状態です。

テープは自然にはがれるまではったままにしておきます。

はがれたら、はがれたままです。

シャワーの時は傷の部分は泡でやさしくなでるように洗っていました。

テープは自然にはがれると言われましたが、ちょっとはじっこを引っ張ってみても全くはがれる気配はありませんでした。

 

受診前日にテープをはがす

はがしても問題ないだろうと思ってシャワー後にテープを一枚一枚ゆっくりはがしました。

かなりしっかりついており自然にはがれることなんてあるのかな、と思いました。

はがしてはいけないなら明日の受診の時にまたはってもらえばいいだけです。

 

 

 

退院1か月後にもらった傷の薬

傷への対処

傷の経過が良好であることを確認され処方箋をもらいました。 

 ≪処方された薬≫

・リザベンカプセル(抗アレルギー薬)
 アレルギーの薬が傷に効くなんて知りませんでした。

・ドレニゾンテープ(ステロイドが塗られているテープ)
 初めて知った薬ですがステロイドですし効果ありそうと思いました。

・ヒルドイドソフト(保湿作用のあるクリーム)
 瘢痕やケロイドに効果があるそうです。

 

リザベンカプセルは120日間内服して終了。

ドレニゾンテープを貼っていた期間は記録がなく記憶もないのでわかりません。

先生からはテープに皮膚が負けてしまうようならすぐにやめて、それ以降はヒルドイドソフトを塗るように指示されていました。

ドレニゾンテープは初めは普通に傷が隠れる幅に切って使用したのですが傷の周囲の皮膚が赤くなってしまいました。

あまりよろしくないと思ったのですぐ傷の太さに合わせて細長く切って使用するようになりました。

3~6か月くらいは貼っていたと思います。

しかし、あるときからそれまではなんともなかったのに周囲の皮膚が赤くなってしまったので止めました。

それ以降はヒルドイドソフトを毎日塗って1本使い切って終了しました。

 

無知

私は傷の治療の知識はありませんでした。

先生にすべてお任せし(丸投げともいう)自分で調べたりしませんでした。

なので、この治療は標準的なものだと思っていました。

あとになり違うと知りました。

私の傷の治療を調べてみたら「目立つキズあとの治療(肥厚性瘢痕やケロイド)」と日本創傷外科学会のホームページにありました。

私の傷はそのようなものではありませんでした。

手術前にしつこく先生に訴えたのでなにかしないとまたうるさくされると思われたのかもしれません。

または、婦人科の専門領域外の治療なのであまり興味がなかったのか。

 

f:id:nasumiblog:20210104142254j:plain

 

 

これらの過去の記事から抜粋しました。

\ check /