なすみの暮らしログ

私の一人暮らしの記録です

なすみの暮らしログ

卵巣嚢腫‐概要‐
卵巣嚢腫のはじまり
卵巣嚢腫手術入院の持ち物
卵巣嚢腫の入院費

【一人暮らし】ゴミのこと(1)ゴミの分別

f:id:nasumiblog:20210321120132j:plain

 

ゴミの分別は引っ越しの時に役所からもらった冊子を参照しています。

今回は私が分別したゴミの置き場所をどのようにしているのか紹介します。

 

一人暮らしのゴミの量でも、ゴミを置くのって意外と場所をとります。

しかし、ある程度の場所を割り当てて捨てやすいようにしておかないと、ゴミはすぐ散乱してしまいます。

 

ゴミを捨てやすく、そして管理しやすいように今までも工夫していましたが、ブログを書くにあたってもう一度見直してみました

 

 

 

 

 

私のゴミ分別

 

本当はゴミ置き場は一か所にまとめたいのですが、部屋の広さに限りがあるのでばらけてしまっています。

でも、自分なりに動線を考えて配置したのでとりあえず満足しています。

 

紙のゴミ

私は玄関に箱を置いて、そこに捨てています。

郵便受けからもってきたチラシを部屋の中まで持って入らなくてすむように設置しました。

箱がちょっと場所を取りますが、帰ってきてすぐに捨てられるのですごく便利です。

チラシの他にお菓子やレトルトの箱もここに捨てています。

部屋自体が狭く、キッチンと玄関は3歩くらいで行き来できるので1か所で事足ります。

 

捨てているもの

  • チラシ:郵便受けに入れられているもの(新聞はとっていません)
  • レトルトやお菓子の箱
  • 封筒やコピー用紙など

 

雑紙はバラバラにならないようにひもでくくるか、紙袋に入れてゴミに出さないといけません。

少し前までは紙袋に入れていましたが、最近になって紙袋が底をついたので今はひもでくくって捨てています。

 

f:id:nasumiblog:20210318213215j:plain

 

スーパーに持って行くゴミ

 

  • ペットボトル
  • 食品トレー
  • 紙パック 

 

この3つはスーパーに行くときに持って行っています。

普通にゴミの収集でも出せますが、一人暮らしだと1週間ではそんなにたまりません。

なので、少しずつでも出すことができるスーパーの前に設置されているリサイクルボックスに捨てています。

 

洗って乾かしたら玄関に置いているバッグに入れて、スーパーに行くときに持って行っています。

 

燃えるゴミとプラスチックゴミ

私が使う指定のゴミ袋は2種類です。

燃えるゴミとプラスチックゴミです。

キッチンのはじに隙間があるのでそこにゴミ袋ホルダーを設置して、セットしています。

 

f:id:nasumiblog:20210318213354j:plain

 

ゴミ袋が3個あるのは・・・

  1. 燃えるゴミ用
  2. プラスチックのゴミ用
  3. 一時的にかさばるプラスチックゴミを捨てる箱
    (お弁当やお惣菜の入れ物等を洗って入れている)

 

いつか引っ越しをするかもと思うとできるだけコンパクトなゴミ箱がいいと考えました。

この黄緑のものは、かなり前にフェリシモで購入しました。 

生ごみや食品が付着したものはここに直接捨てることはしていませんが、虫のことを考えると蓋があったほうがよいと思います。

 

汚れたプラゴミ

私の住む自治体では汚れたプラスチックのゴミは燃えるゴミになります。

私はお弁当やお惣菜の容器は水ですすいで軽くきれいにしてプラスチックゴミに出していますが、レトルトカレーの中身を出したパウチなどはすすぐのが面倒なので(油汚れは水ですすぐだけではとれないから)燃えるゴミに出します。

でも、ベタベタしているものをそのまま燃えるゴミの袋に入れるのは抵抗がある。

ゴミ袋に捨てるまでの距離でも中身が垂れることもあるし。

なので、それらを開封してすぐに捨てられるように、キッチンの収納扉にビニール袋をくっつけています。

 

f:id:nasumiblog:20210318213730j:plain

ある程度たまったら袋のくちをしばって燃えるゴミ袋に捨てます。

 

シンクの近くにゴミ箱があるのはとても便利。

蓋つきだと匂いが気になりにくいし、蓋が開いたままになる仕様はゴミを捨てるときに使いやすいです。 

 

生ごみ

私はあまり料理はしないのですが、それでも生ごみは出ます。

生ごみは匂いや虫のもとになるので、なるべくためずに捨てるのが理想です。

しかし、ゴミ袋が有料なのを考えるとそんなにポイポイ捨てられない。

じゃあ、どうしているのか?

次のブログに書きます。

 

ビン、缶、燃えないゴミ

私はあまりビンや缶のものを購入しないので、そんなにこれらのゴミは出ません。

燃えないゴミに分別されるものもあまり出ません。

ただ、捨てる場所を決めておかないと床に直置きしたり、他のゴミと混ざってしまうので良くない。

いろいろ考えた結果、置く場所は引き出しにしました。

分別もしやすいし、ゴミがたまっているかどうかも一目でわかるのでとても良いです。

引き出しには指定のゴミ袋やレジ袋、ポリ袋も入れています。

以前は適当にあちこちに置いていましたが、1か所にまとめるたらとても使いやすくなりました。

 

f:id:nasumiblog:20210318213918j:plain

f:id:nasumiblog:20210318214037j:plain

 

お店で現物を見て、これはいいなと思ったものです。

ゴミ分別以外にも工夫次第でいろいろ便利に使えそう。

 

 

 

注意していること

 

私は引っ越しを数回していていくつかの自治体に住んでいますが、場所によって微妙に分別方法が異なります。

住民票を移しに役所に行くといろいろな冊子をくれます。

その中にはゴミ分別の冊子もあるので必ず確認しています。

ゴミ分別の冊子はすぐに取り出せる場所に置いていて、なんのゴミかわからないときには必ずそれで確認して出しています。

 

分別を守らないと「このゴミは回収できません」とすごく目立つシールを貼られて回収してくれません。

一度出したごみを持ち帰って再び分別するなんてイヤです。

なので、必ずルールは守っています。

そんなこと当たり前じゃんって思う人もいるでしょうが、世の中にはそんなことすら守れない人もけっこういます。

自分がそうならないように注意しています。

 

まとめ

 

使いにくいなと思った部分を少しずつ変えて、このようになりました。

とりあえず満足しています。

ただ、使っていくうちに変えたほうがいい部分に気が付くかもしれません。

そうしたら柔軟に対応していきたいと思います。

 

どうかな?

 

\よし/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
クリックしてくれると
うれしいです

 

楽天ルームもやってます。

コレクションもみてね! 

 楽天ルームやってます♪