なすみの暮らしログ

私の一人暮らしの記録です

なすみの暮らしログ

卵巣嚢腫‐概要‐
卵巣嚢腫のはじまり
はじめの卵巣嚢腫
2回目の卵巣嚢腫

卵巣嚢腫の手術・持ち物 ③病院指定以外のもの

f:id:nasumiblog:20210104182643j:plain

 

1回目(開腹手術)と2回目(腹腔鏡手術)の入院の持ち物をまとめて書いています。

 

病院指定以外のもの

 

 

 

身に着けるもの、日用品

部屋着(院内のコンビニに行っても恥ずかしくない楽な服)

1回目(開腹手術)

夏でした。

たしかワンピース1着とTシャツ2枚を持っていきました。

病院に着ていったものと交互に着ていました。

着替えがちょっと少なすぎたと思います。

10泊11日の入院で4回洗濯しました。

 

2回目(腹腔鏡手術)

冬だったので長袖Tシャツ、パーカー、カーディガン、楽なズボンを1着ずつ。

入院期間も短かったのでこれでたりました。

1度も洗濯せず退院になりました。

 

ブラジャー、靴下

ブラジャーはノンワイヤーでホックがないものが楽です。

私は以前無印で買ったパットを出し入れできるタイプのタンクトップを持っていきました。

何枚持っていったかは忘れてしまいました。

冬は冷えるので靴下はあったほうがいいです。

2組くらい持っていったと思います。

 

スキンケア用品(化粧水、乳液)、ボディミルク

ボディミルクは大部屋ならあまり香りの強くないものがいいと思います。

 

毛抜き、顔そり用のカミソリ、爪切り、マスク、アイブロー

電車で行き来しましたがマスクで顔をかくせばアイブローだけで十分かなと思いました。

入院中は一切お化粧はしませんでした。

くちの周りや眉下の毛が生えっぱなしになっては恥ずかしいのでそのお手入れ用品。

気になったらすぐ切れるように爪切りも持っていきました。

 

手ぬぐい、ハンカチ代わりのミニタオル

ちょっと汗とか手とか拭きたいときに。

病室はかなり乾燥しますが私はマスクをしたままだと眠れないので、代わりに手ぬぐいをかけて寝てました。

2枚ずつもっていきました。

ガーゼタオルは手ぬぐいより肌触りがよさそうでいいかなと思います。

 

眼鏡、使い捨てコンタクトレンズ

すごく眼が悪いので知らない場所でシャワーを浴びるのは危ないのでコンタクトは必須。

買ってはみたけれど使い道のなかった1dayのカラコンを持っていきました。

 

貴重品、暇つぶしのもの 

スマホ、スマホの充電器

必要な人はポケットwifiがあったほうがよいかもしれません。

私は入院中くらいはあまりスマホに触れないようにしようと思ったので用意しませんでした。

入院前にwifi環境については病院に確認しておいたほうがいいと思います。

今どきは完備されているところもあるみたいです。 

 

財布、お金

テレビカードを買ったりコンビニで買い物するため。

院内にATMもあったので手持ちは数千円くらいで十分でした。

病院は面会を装えば誰でも出入り自由なので、大金があると危険です。

術後は想像以上に疲れやすいので注意力も散漫になりがちです。

床頭台の引き出しの中に簡易金庫がありますが、とても小さいので長財布だとそれだけでいっぱいになっていしまいます。

財布は二つ折りのコンパクトなものがいいかも。

 

手帳、筆記用具、3DSとその充電器

暇つぶし用。

私は日記を書いたり頭の中を整理するためにいろいろ考えていること書きだしたりしていました。

時間がたくさんあるので日記にこまごまと書くことができこのブログが生まれました。

あと、今は亡き3DSでゼルダの伝説をやっていました。

 

カフェオレの粉(個装)

甘いものが好きなのですが毎回コンビニで買ってたらお金がかかるので。

 

その他、入れ物など 

レジ袋(ゴミ袋として)

術後ベッドから起き上がれないときにベッド柵に結んで使いました。

 

S字フック、置き時計、ハンガー

持っていったら便利とネットで見ましたが私はどれも使用しませんでした。

荷物は最小限にしたのでS字フックでかけたいものがなかった。

ベッド上からは時計は眼鏡をかけないと見えないし体を動かせないときは見える位置にして欲しいとナースに頼みにくいです。

私にはスマホで十分でした。

ハンガーはもともと病室にあった2本でたりました。

シャワー後身体を拭いて濡れたタオルはベッド柵や床頭台のタオルバーにかけておけば院内は乾燥しているのですぐ乾きました。

 

洗濯ばさみ

はさむところがふくらんでいるやつ。

とりあえずもっていきましたが充電器のケーブルがどこかにいかないようにベッド柵にはさんで使用していました。

持って行ってよかったです。

 

小さいバッグ

マチがあって自立して、ファスナーで閉められるミニトート。

ベッドから離れるときにスマホや財布を入れて持ち歩いたりします。

寝るときに枕の横においてスマホや眼鏡が落ちないように入れておきたいので自立するものがいいです。

くたくたの素材だとベッド柵からすり抜けて落ちてしまうかもしれません。

ファスナーがついていたほうがいいのはもし落としても中身がばらまかれないからです。

テーブルもありますが身体が自由に動かないうちはテーブルの上のものをとるにも一苦労です。

 

着替えをまとめるためのもの(風呂敷、大判のスカーフ、洗濯ネット)

レジ袋はガサガサと音が響くし、何が入っているのか分かりにくいので使いませんでした。

下着など細かいものは洗濯ネットに入れてそれ以外はそのまま包みました。

洗濯ネットは汚れ物を入れるためにも使えるので何枚か持っていきました。

風呂敷は包む量に合わせられるので便利でした。

 

洗面用具を入れるポーチ

洗面用具が全部まとめて入る大きさでシャワー室に持ち歩けて、タオルバーにかけられるフックがついたものを購入しました。

ただ、シャワー室を使用できる時間は限られているため必要なものだけ(シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔料)を入れるぬれてもいい入れ物のほうが便利だったと思いました。

使用後はとりあえず全部ジップロックに入れて外側だけ水滴をふき、ベッドに戻ってから一つ一つ拭けばいいかな。

 

見た目を気にしないならポーチではなく大きいジップロックにまとめてもいいかもと思います。

気軽に使い捨てることもできます。

何が入っているか一目瞭然だし多機能なポーチはそれ自体の厚みや重さがあるので結構かさばってしまいバッグの中で場所をとります。

 

こまごまとしたものを入れるポーチ2個

生理用品とか割りばしとかゴミ袋等の使い捨てのものを入れるポーチ

手帳とかゲーム機、充電器を入れるポーチ

 

お守り

職場の人にもらったお守りと小さな起き上がりこぼしを持っていきました。

起き上がりこぼしは病気とわかる前にもらっていたものでした。

いろいろ考え過ぎてドツボにはまる私をそばで見ていた職場の人が旅行のお土産にくれたものでした。

すごく励まされました。                 

f:id:nasumiblog:20200719185213p:plain

 

 

楽天ルームに実際に購入したり、いいなと思ったものを載せています。

コレクションを見てね!  

room.rakuten.co.jp